更年期には、どんな漢方がおすすめなの?

更年期には漢方がおすすめ

更年期はつらくてしかないという人もいればそうでもなかったという人もいるように人によって症状には違いがありますが、いずれにしてもちょっとした症状でも続くことでつらい思いをしますから少しでも症状を和らげるために漢方の力に頼ることもおすすめです。

更年期に漢方がおすすめの理由は?

kikikiki

更年期といえば女性にとっては避けては通ることのできない悩みの一つとなっています。

人それぞれどの程度の症状が現れるのか、どのくらいの期間続くのかは全く違ったものです。

更年期でつらいと感じる人もいれば、なんとなく体調はよくないけどという程度の場合もありますが、いずれにしても決してよい状態ではないということが言えます。

もともと更年期は医療機関などにいって治療を受けるというものとは、ちょっと違いいずれは改善するもので、全く治療など行うことなくその間を乗り切ったという人も多くいます。

とは言っても、はっきりしない体調で時間の経過するのを待つということは苦痛なことです。

家事や仕事など、やらなければという気持ちがあっても体を動かすことができないなど、なかなか周囲にはわかってもらうことのできず、つらい時間を過ごすことになることも。

ですから少しでも症状を和らげるようなケアをすることは、とても大事なことです。

そのためには、更年期というのがどのようなものであるのかをよく知ることが大事なことになります。

更年期とは?なぜ起きるの?

更年期がどうして起きるのかは女性ホルモンとの関わりになります。女性の女性ホルモンの分泌は30歳前後を境として減少していきます。

さらに年齢を重ねるにしたがって代謝が落ちてきてしまうことが重なり更年期の症状としてえ現れることになります。

女性ホルモンの減少は一気に減少する傾向があり50歳になるころにはピーク時の半分にまで減少してしまいますから、それだけの変化が体の中で起こっていれば体調に変化が現れるのも無理のないことになります。

更年期の原因が分かれば、それに対応するためにケアしていけば症状を軽減させることができるということになります。

そこで登場するのが漢方です。もともと更年期は薬を飲んで治療を行うというものではありませんから、漢方のように体の正常の働きを助けるようなものは有効と考えることができます。

更年期の症状を漢方で和らげる!

更年期は、症状には違いがあるものの誰もが経験するものとなっていますからその時期をどのように乗り切るかは大事なことになります。

誰もが経験することだからついつい周囲の人はそのつらさを理解しようとせずに済ませてしまうということも少なくありませんが、当人はとてもつらい思いをしなければなりません。

周囲の人になかなか理解してもらうことができずに苦しんで時が過ぎるのを待つにはあまりにもつらいですから少しでもそのつらさを和らげて快適な生活を送ることができる工夫をするようにしましょう。

そこでおすすめとなってくるのが漢方です。

漢方は体の不調を治すというよりも体を正常な状態に戻すための働きをしてくるものとなります。

更年期の場合には女性ホルモンの減少などが大きな原因となりますから分泌を促進してくれるようなものや補ってくれる働きのある漢方を利用することで症状を和らげてくれる可能性があります。

もちろん漢方には様々な種類がありますから、どのようなものが自分の体にとって必要なもので、どのようなものが体に合っているのかは漢方の専門化に聞いてみるのが一番です。

更年期用の漢方ということでサプリとして販売されているものもありますから、手軽に利用するならそういったものも便利です。

gtssds

どんな症状があるのかを確認する!

更年期といっても人それぞれ症状は違っており、まずはどのような症状があるのかをきちんと理解するようにしましょう。

更年期の症状として多いのがホットフラッシュと呼ばれるもので、のぼせやほてり、動悸、息切れといった症状があります。

また、何をしてもイライラしてしまうということもとても多く周囲からは、いつもイライラしている怖い人というイメージを持たれてしまうこともあります。

イライラなどは自分で抑えようとしても抑えることができず、自分でも周囲にも悲しい思いをすることになりますから症状を緩和させることはとても重要なことになります。

また、他にも思い切って周囲の人に事情を話ておくというのも一つの方法となります。

誰もが経験することだからこそ、その時間をつらいものとして耐えるのではなく、少しでも快適に過ごすための努力は大切なものとなります。

更年期の症状を和らげてくれる漢方とは?

kjhgfds

更年期の症状を和らげてくれる漢方にはどのようなものがあるのでしょうか?

そもそも漢方は更年期の症状を和らげるのにピッタリのものが多くあります。もともとは中国から伝わってきたもので、その原料となっているのは草根木皮や生き物です。

なんとなく抵抗を感じるという人もいるでしょうが、現在では更年期の症状を和らげるものとして医療の現場でもよく利用されるものとなっていますから、まずは相談してみるとよいでしょう。

医療機関で処方される漢方は、漢方だけの場合もあれば漢方薬と西洋薬を組み合わせるなどして利用されたりしています。

日本でも古来から草木を煎じて飲むということは行われてきましたから、自然の力を取り入れるということはそれだけ期待できるものなのです。

どの漢方薬を選ぶか?

まずは基本となるのが血虚とお血です。これは漢方では更年期に限らず基本となることになりますから知っておくとよいでしょう。

簡単に言うと血流ということになります。血流が悪いと血液の質が悪くなり、体に質の悪い血液を循環させることになります。これを改善するのが婦宝当帰膠と冠元顆粒などです。

血流をよくすることで体にきちんと栄養を送ることができ、様々な不調を和らげることができるというわけです。

ですから漢方では血虚とお血は、とても重要なものと考えられているのです。

更年期の場合にもこれが基本となり、さらに症状に合わせて漢方薬を組み合わせていくということになります。

実際にどのようなものを使うのかは専門の方にきちんと診断してもらうことが必要です。

またアレルギーなども考えられますから、きちんとした指導の下に利用することが望ましいのです。

 

どう選ぶ?
カテゴリ
最新の投稿